【DO Week】同志社大学の新学年歴を徹底解説(2024年度から~)

講義録

2024年度からの新しい授業形態

1週(オンデマンド)+13週(対面)+1週(オンデマンド)の学年暦

従来の15週間の対面授業が変わります。
大学側としては、これにより長期休暇の期間を延長し、「自分だけの学びの機会」を提供する目的があるそうです。

我々学生側としても、実質的な負担軽減となりそうですが、実際のところどうなんでしょうか。

定期試験は実質的な第15週に実施

第1週のオンラインと、計13週の対面授業が終了次第、試験期間になるようです。
つまり、従前は16週以降に試験期間が設定されましたが、
新学年歴では14週以降に試験期間が設定されます。

最終授業(オンデマンド)は試験後(14週以降~)に配信されるようです。
実質的には、試験が終了次第休暇に入るといったところなのでしょうが、
結局試験期間によっては日程がバラつき、不平不満が生まれるのは今まで通り変わりないのでは……? と思うのですが、実際のところやってみないとわからないですね。

従前の授業内評価はどうなるのかは不明

14週目に授業内評価をやり、15週目はほぼ休講のような、文科省が顔を赤くして怒るような事態が公然と行われてきましたが、このような形態の授業が今回からどうなるかは不明です。

同志社大学新学年歴
同志社大学HP「2024年度からの学年暦」(https://www.doshisha.ac.jp/students/new_calender/index.html)より引用
2024年2月18日最終閲覧。

ちなみに、同志社大学公式が発表しているイメージですが、なるほど?

履修登録のしかた

履修登録期間が変わる(一般登録の場合)

2023年度までは、第1週(4月4日~10日)が始まる前にすべて履修登録をする必要がありましたが、
2024年度からは、第1週の週の特定の2日間(4月8日と9日)に履修登録をすることになっています。

つまり、第1週に授業や先生の雰囲気をオンラインで見つつ、履修するかどうかを判断できるということです。
このとき、履修登録をする必要はなく、シラバスにあるリンクから授業動画には飛べるようです。
その動画を見て、登録するかどうかを判断してよいのです。
ちなみに、履修登録後はe-classから第1週の動画は見れるようです。

この1週間のことを、DO Weekと言うそうです。

従来、履修単位上限などの関係もあって、登録するかどうか迷うことも多かったですが、これが解決されるのではないでしょうか。

詳しくは公式の要項をご覧ください

履修中止は無くならない

このシステムでは、履修中止が必要なくなりそうですが、そうではないようです。
この点は安心してよさそうです(履修単位数は減ることには従来とも違いないですが)。

2024年度の履修中止期間は5月8日から9日です。忘れずにDUETを確認しましょう。
詳しくはこちら。←公式の資料に飛びます。

先行登録は従来通り

先行登録科目に指定されている一部の般教、英語、第二言語、一部の教職関連科目は従来通り先行登録が必要です。
こちらはDo Weekの前に登録を確定させなければなりません。

日程、科目などに注意して登録するようにしましょう。
既に要項が発表されているので、併せてどうぞ。

般教レビューはこちらから

私が受けた講義の感想はこちらからどうぞ。

404 NOT FOUND – 雨森日記

まとめ

1.結果的には14週+試験期間
2.一般登録期間が第1週の特定の日に変更
3.授業や先生を見てから登録可能
4.先行登録は従来通り

といったところです。この改革がどう転ぶか、学期末が見ものですね……。

詳しくは同志社大学の特設サイトを見るなり、DUETを確認するなり、公式様のYouTubeを確認するなどしてください。
末筆ながら、植木学長お疲れさまでした。

追記 2024/4/7

なんでこんな意味わからんことしたん? 改悪です。

タイトルとURLをコピーしました